三菱 色鉛筆 No.888 36色セット レビュー

使ってみて感じる三菱 色鉛筆 No.888 36色セットのメリット・デメリットをまとめました。

注意
大人の塗り絵を極めたい人向けの記事ではありません。
入門画材としてどうか、気負わず楽しみたい人に合うかどうかという観点で書いています。

使用感レビュー

描き心地がちょっと硬くてカリカリします。
当たり所が悪いと筆跡が残るような感じがして、広い面を均一に塗る時は気を使います。

メリット

・白が入ってない
・缶のデザインがおしゃれ

・明るいはっきりした色が多い

コロリアージュ向けと銘打っているだけあって、使いやすい色味のセットになっています。
緑、青系が豊富なので、混色や重ね塗りを頑張らなくても植物や水、空などの自然を表現しやすいです。
初心者が持て余しがちな白が入っていないのも珍しいポイント。
全体的に発色が鮮やかなので見栄えよく仕上がります。

なんといってもありそうでなかったおしゃれな缶も素敵です。
虫が苦手だときついけど、、、😇

デメリット

・バラ買い出来ない
・人物には使いづらいかも

・無印と比べちゃうと高い

補充は三菱のユニカラーからするようにとあります。
これは近い色であって完全に同じ色ではないそう。
好きな色がなくなったからと言ってセットごと買い直すわけにもいかないのが少し悩みどころ。

いわゆる「肌色」が1色しかなく、表現出来る幅が少し狭いです。
肌を塗るのに黄色・オレンジ・ピンク系を使うことがありますが、このセットではどれも薄く塗っても濃く出やすいので難しいかも。

コスパ的なことは、まあ無印が安すぎるだけですけどね💦
他のものを使ったことがないので多分ですが、調べてみた限り品質はお値段なりだと思います。

こんな人におすすめ

・大人の塗り絵デビューを考えている
・色数は多すぎず少なすぎずがいい
・植物など自然のものを塗りたい
・ケースもおしゃれなものがいい
・気軽に塗り絵を楽しみたい
・人物はあまり塗らない

・色は鮮やかな方がいい

よく考えられた内容で、大人の塗り絵初めの1セットとして十分おすすめ出来るセットだと思います。