サクラ クーピーペンシル60色 レビュー

使ってみて感じるサクラ クーピーペンシル60色セットのメリット・デメリットをまとめました。

注意
大人の塗り絵を極めたい人向けの記事ではありません。
入門画材としてどうか、気負わず楽しみたい人に合うかどうかという観点で書いています。

使用感レビュー

見た目通りの色が出るものが多く、色選びにストレスがあまりない印象。
相性のいい紙があまり見つからず、思い通りの濃さにするのに少し苦労します。
珍しい蛍光色はとても綺麗で使いたくなるものの、特に色が載りにくくて難しいです。

こだわって緻密に使い込むには少し難しいので、どちらかといえばザックリお絵描きや色塗りを楽しむような感覚で手軽に使うのに向いた画材かなと思います。

メリット

・全色バラ売りあり
・色合いが柔らかい
・金色が結構いい色
・広い面を塗りやすい
・比較的消しゴムで消しやすい

長く主力として使うには単品購入出来ることは大事です。
Amazon等主要なネット通販はもちろん、色によっては文房具屋さんで売っていることもあります。

パステル調の明るく柔らかい発色は色鉛筆セットでは入っていないことが多いのでありがたいです。
そして色鉛筆の中で塗ってがっかりしやすい金色、このクーピーはいい色です。(笑)
塗り絵界隈では密かに人気なんだとか。

一度に塗れる面積が広いので、ザーッと塗る時はかなり楽出来ます。
あまり濃く重ねすぎていなければ結構消えるので修正も容易。

デメリット

・粉(カス)が出る
・ちょっと臭いがする
・缶ケースが場所を取る

・重ね塗り、混色しにくい
・紙によって色が載らない

・消耗が若干早い気がする

気を付けて軽く塗っていても、やっぱりちょっと粉出ます。
濃くしようとぐりぐりすればするほど出ます。(笑)
手で払っても取りにくいことがあるので、卓上箒、刷毛、メイクブラシなどがあると快適です。

クレヨンのような独特の匂いがします。
そのうち慣れますが敏感な方は嫌かも。

一般的な色鉛筆よりは短いものの、ケースはすごく大きいです。
サイズは20cm×40cm×3cmの1.2kg(*Amazon商品情報より)。
A3(A4紙2枚)が29.7cm×42cm、B4が 25.7cm×36.4cmというと大体のサイズ感わかるでしょうか?💦

蓋を取り外して使う想定では作られていません。
開いて置いておくと倍場所取るわけで、そのまま使うにはかなり広い作業スペースが必要になります。

紙質にもよりますが、ワックス感が強いのでなかなか思ったように発色しないことがあります。
比較的塗りやすい紙でも一度塗った上からは色が載りにくいです。
重ね塗り、混色は使い慣れてこないとコツを掴めないかも。

サクラさんのHPは「全体が芯だから芯量が色鉛筆の4倍で経済的」と謳ってますが、すぐ先丸くなるし、尖らせようとすればどんどん短くなるし、なんだかんだ色鉛筆より消耗早い気が…💦
そして爪が長いと持ち方によっては軸もちょっと削れるので注意。

こんな人におすすめ

・色数が多いものがほしい
・気負わず塗り絵、お絵かきがしたい
・子供に使わせたい、または子供と一緒に使いたい

・保管&作業スペースが確保出来る、もしくは自分で工夫して収納出来る

柔らかな色合いとカラフルな見た目も楽しいです。

芯だけ折れる色鉛筆と違ってクーピーは真っ二つに折れることが多いので、お子さんが使う際は力加減や取り扱い(落とさない)に少し注意が必要かもしれません。
大人であればケースごと落とすとかよほどのことがない限り折れることはないと思います。